白内障目薬「CAN-C」の正規品

日本の点眼治療薬は進行速度の緩和まで

白内障の目薬CAN-CにはNアセテルカルノシンという有効成分が含まれていて、白内障予防ではなく治療効果があるとして注目されています。

ただし、日本で認可されていない働きを持っている目薬なので、病院(薬局)で処方して貰う事が出来ないのが現状です。

現在、日本国内で処方が認められている白内障の点眼薬は進行を遅らせるものしかなく、種類として、ピレノキシンやグルタチオンなどがあります。

他には、内服薬としてチオプロニンや唾液腺ホルモンなどがありますが、白内障の起因となる症状を抑制したり抗酸化作用によって白濁化を遅らせるだけのものだそうです。

CAN-Cなら改善の見込みがありますが、必然的に海外からの取り寄せとなります。また、偽造品等のリスクもあるので正規代理店を経由した購入が安全です。
>>CAN-Cの製品情報(正規取扱店)はこちら

CAN-Cの正規品取扱店を探す

CAN-Cの個人輸入先を探してみると、医薬品関係で実績のある輸入代行サイトでの取り扱いがありました。CAN-Cは、そこから入手する事が出来ます。

ただし、本当に正規品なのかが問題です。

どの輸入品を購入する場合でも同じく言える事ですが、日本で需要が増えるにつれて偽造品も増えてくる事が良く有ります。近年では、偽造品の巧妙さも増し、使用済みの中身のみをすり替えたものなどもあると言われています。

偽造品に遭遇するリスクを減らすためには、メーカーと直接取引のある正規品の取扱店を見つける事が唯一の解決先となります。

正規品の証明として、CAN-Cの製造元による製品ナンバーシールが外箱に直接貼られていて、更に、ドクターズチョイス公認シールが裏面に貼られているものがあります。

このように、日本から注文可能なのは、両方のシールが貼れているタイプなので偽造品の心配がありません。

でも、ひとつ注意点があります。
それは、ドクターズチョイスのシールを勝手に貼られたらアウトという事。

この点に関しても、問題なさそうです。
ドクターズチョイスのシールが貼られているCAN-Cは、直営店のみで取り扱われているので、以下の条件で正規品となります。

  • ドクターズチョイスのシールが貼られているCAN-Cであること
  • このCAN-Cの発送元が直営店(ビューティ&ヘルスリサーチ)であること

これで、正規品の条件が満たされます。
>>CAN-Cの直営店はこちら

CAN-Cの正規品取り扱いは直営店のみなので、安心して正規品を購入する事ができます。

より安く購入したい場合、この他に代理店が無いか探すのも方法の1つですが、衛生面、安全面を考慮すると、安さよりも正規ルートで取り扱われている製品なのかが大切だと思います。

10年の歳月を経て完成した白内障の目薬

CAN-C(Nアセテルカルノシン)は、白内障に関する特許を持っているドクターであるマーク・バビザエフ氏がリーダーとなり開発された目薬です。
その研究期間、実に10年。

1種類の目薬開発に10年もの年月を投じる覚悟は、並大抵の事ではありません。そこまでして研究を重ねたのには、どんな理由があったのでしょうか。

その理由とは、安全性をクリアする事です。

薬は、効果がはっきりしている分、副作用が出る事もあるので、そうしたリスクをコントロールする為にも用法用量が定められています。
しかし、正しい用法用量でも、時として回避できない副作用はあるものです。

CAN-Cは、そうしたリスクをできる限りゼロにする為に10年も結果的にかかってしまった目薬という事で、安全性は十分考慮されている事がわかりました。

また、実際に、CAN-Cの利用患者のうち90%もの高い確率で視力改善が実現されたそうです。また、その内の41.5%でレンズ(水晶体)の透過性の改善がみられたそうです。

その臨床試験では、CAN-Cを目薬として1日2回を6ヶ月続けるというもので、すぐに改善するとはいきませんが、それでも、1年に満たない期間で白内障やその傾向が出ていたものが、改善の方向へとシフトしたというのは驚きです。

手術と目薬とどちらを選ぶ?

白内障を手っ取り早く治したいなら、手術を行うのが一般的です。
手術が一般的というよりも、手術しか改善する方法が無いからそれにすがるしか無いというのが現状のようです。

その他の点眼薬や内服薬もありますが、それらは、あくまでも進行を緩やかにするだけのものです。それが、日本の白内障治療の現状。

また、手術は医療行為として結果がはっきりしているので、治療方法として採用されやすいという見方も出来ます。しかし、それは、CAN-Cのように白内障の治療や予防に用いる事の出来る目薬が無かった時までの話です。

新たな選択として、白内障が目薬のみで良くなるとなれば、これで試してみるか、それとも、手術で妥協するかという選択肢があります。

もちろん、手術をすれば、すぐに混濁した組織を取り除く事が出来るので、それも簡単と言えば簡単な事かもしれません。

しかし、手術について調べてみると、眼球にメスを入れるので傷が完全に塞がるまでは、目を開けることが出来ないだけでなく、シャワーもダメになるなど、生活に制限がかかるだけでなく、社会復帰にも時間を必要とします。

もしも、数ヶ月を治療の為だけに避ける時間が有れば出来るかもしれませんが、それより早い段階で白内障を患ったとしたら。
手術をして回復まで1ヶ月、2ヶ月と仕事を休むことはできるでしょうか?

そう考えると、目薬のみで白内障が良くなるなら、試してみる価値はあります。

まずは予防として

一番良い結果は、実際に目薬のみで白内障が改善出来る事ですが、臨床試験の結果を参考にしても、すぐに変化が現れるものでは無さそうなので、半年は続けた方が良さそうです。

それでも、改善とまでいかなくても現状維持であれば、その時点で、日本でも認可されている白内障の点眼予防薬と同じ効果という事になります。それなら、手術の決断も先延ばしに出来るという事です。

改善していけば、手術も必要なくなります。
そういう意味でも、まずは、がっちり治すという気持ちではなく予防用の目薬というスタンスで続けてみるのが良いのかもしれません。

なんでもそうですが、過度の期待を持ちすぎると、変化が見えない時には、ストレスとなりかねません。そのストレスは、自分自身の体内を酸化させる原因ともなるので、白内障を悪化させる1つの要因ともなり兼ねません。

そうならない為にも、前向きに気持ちを楽に持って続けられると良いのでは無いでしょうか。

CAN-Cは犬の白内障の目薬としても使える

CAN-Cは、安全性をクリアして製品化されているので、犬の白内障にも使用可能です。犬も人と同じように、白内障になるのですが、犬は目に直接太陽光が入ってくる事も多く、白内障のリスクにさらされています。

そんな犬の白内障に対しても目薬として同じように使う事ができます。
犬も人と同様の手術が可能となっていると言われていますが、人と違って医療を理解できてない犬が手術をしても、スムーズに回復できるでしょうか・・・。

ただし、犬との併用は、衛生的にも厳禁です。

CAN-Cのように目薬として投与するだけなら難しくありませんし、実際にペットの犬に使用している方のレビューなどを見ると、意外とおとなしくしていたり、続ける程に改善が見られて犬がものを見る反応も変わってくるのが確認できたりしたそうです。